馬券の品格

競馬予想、騎手,調教師全般の面白情報を お伝えします,youtube(ユーチューブ)などの動画も 紹介しています よかったら見てね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SEO対策:競馬
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

朝日杯フューチュリティS勝ち馬のフサイチリシャールが高松宮記念で故障、引退へ 

フサイチリシャール画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

30日に中京競馬場で行われた高松宮記念(GI)に出走し、7着に敗れた
フサイチリシャール(牡5、栗東・松田国英厩舎)が、レース後の検査で
左前脚の腱が一部断裂していることが判明。これによりこのレースを
最後に引退することが、フサイチネットより発表された。今後については未定。

フサイチリシャールは、父クロフネ、母が99年4歳牝馬特別・西(GII)など
重賞4勝のフサイチエアデール(その父サンデーサイレンス)という血統。
05年9月にデビューし、同年の東京スポーツ杯2歳S(GIII)、
朝日杯フューチュリティS(GI)を制し最優秀2歳牡馬に輝いた。
クラシック戦線では精彩を欠いたが、06年阪神C(GII)で重賞3勝目。
最後のレースとなった高松宮記念は12番人気だったが、好位追走から
直線で一旦抜け出し、勝ち馬から0.4秒差の7着と見せ場を作った。
通算成績24戦5勝(うち海外1戦0勝、重賞3勝)。

直線先頭にたったときはやったかと思いましたが・・・うーむ残念です


SEO対策:競馬
スポンサーサイト
[ 2008/03/31 12:02 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(3)

まさにキンシャサの奇跡!世界に羽ばたくフジキセキの産駒達 

ドバイシーマクラシックサンクラシーク画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

現地時間29日、ドバイ・ナドアルシバ競馬場で行われた
ドバイシーマクラシック(4歳上、首G1・芝2400m、1着賞金300万米ドル)は、
K.シーア騎手騎乗のサンクラシーク Sun Classique(牝4、南ア・M.デコック厩舎)が
好位4番手追走から、直線に入って早めに抜け出すと、
大外から鋭く伸びたビバパタカ Viva Pataca(香)の追撃を2.3/4馬身抑え優勝した。
勝ちタイムは2分27秒45(良)。
さらに3/4馬身差の3着にドクターディーノ Doctor Dino(仏)が入り、
もう1頭のフジキセキ産駒スシサン Sushisan(南ア)は6着に敗れた。

勝ったサンクラシークは、父フジキセキ、母Elfenjer(その父ラストタイクーン)という
血統の豪州産馬。
06年ケープフィリーズギニー(南アG1・芝1600m)、
昨年のマジョルカS(南アG1・芝1600m)、ウーラヴィントン2200(南アG1・芝2200m)と、
南アフリカのG1を3勝し、昨年の南アフリカ最優秀3歳中長距離牝馬に選出された。
今年に入り、ナドアルシバで2戦2勝の成績を残していた。通算成績15戦9勝。

管理するM.デコック調教師はUAEダービー(首G2)のオナーデビル Honour Devilに続きこの日2勝目。
南アフリカ勢はUAEダービー、ドバイデューティフリー(首G1)のジェイペグ Jay Pegに
続くこの日3勝目となった。
なお、98年の創設以来、牝馬がこのレースを勝ったのは初。
日本産種牡馬の産駒がドバイ国際競走を勝ったのも初の快挙となる。

動画はこちら
日本で高松宮記念をフジキセキ産駒のファイングレイン、キンシャサノキセキが制し
すばらしいですね


SEO対策:競馬
[ 2008/03/30 19:34 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(3)

中山牝馬Sの過去の勝ち馬から見るボトムライン 

ヴァーミリアンフェブラリーS圧勝
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

中山牝馬Sの過去20年から過去10年の勝ち馬の産駒を調べてみました
過去10年内はまだ子供が少ないため割愛


メジロランバダ 産駒は全て勝ち上がり、入厩先が池江厩舎なのでまだまだこれから? Mr系
ショウリノメガミ  未だ大物が出ず 産駒は半分が勝ち上がる Mp系
プレイリークイーン 既に死亡 ほとんど地方 Rb系
アルファキュート ほとんど地方 Rd系
ホッカイセレス 産駒は勝ち上がるもほとんどが地方  Nd系
ラビットボール 産駒の半分が勝ち上がり Nd系
スカーレットブーケ 言わずとしれたダイワメジャー、ダイワスカーレットの母 Nd系
ユキノサンライズ 他中山記念 産駒にエイダイクイン クイーンC  Nd系
ジムクイン 子供はほぼ勝ち上がるも大物が出ず  Dr系
リキアイノーザン 牝馬重賞4勝 大物はいないが産駒は結構勝ち上がる Nd系
ソウシンホウジュ 他エプソムC 産駒はほとんどが地方 Fw系



スカーレットブーケはおいておくにしても、エイダイクイン以外はなんとも寂しい結果です。

ノーザンダンサー系の馬が結構いるのでサンデーサイレンスに合うと考えられるのですが

実際サンデーをつけたのはスカーレットブーケのみ(フジキセキをつけている牝馬は多数)

もちろんサンデー系、いやヘイルトゥリーズン系の馬と掛け合わせて活躍馬が出なかったのが

最大の原因かもしれませんがヨーロッパ系の重たい種牡馬と掛け合わされてるのを見ても

なかなか時代についていけてない状況を見る思いです。

しかし結構強い馬が勝ち上がっているレースですね



SEO対策:競馬
[ 2008/03/12 05:12 ] 競馬多事総論 | TB(0) | CM(4)

2002年京成杯優勝馬・ローマンエンパイアが現役引退、種牡馬入り 

ローマンエンパイア画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

02年の京成杯を制したローマンエンパイア(牡9、金沢・藤木一男厩舎)が引退し、
北海道浦河町のイーストスタッドで種牡馬入りすることになった。

同馬は、父サクラローレル、母ローマステーション(その父Law Society)という血統。
半姉に福島民有C(OP)などJRA6勝のニシオセーラム(父ホワイトマズル)がいる。
01年12月にデビューし、新馬、さざんか賞(500万下)を連勝。
3歳初戦の京成杯(GIII)ではヤマニンセラフィムと同着で優勝を分け合い、
続く弥生賞はバランスオブゲームの2着。
クラシックでの活躍が期待されたが、
その後は脚部不安などで思うような競馬をすることができなかった。 昨年9月に金沢競馬に移籍し、初戦を快勝したが、脚部不安を再発した。
通算成績26戦5勝(うちJRA25戦4勝、重賞1勝)。

まさか重賞が京成杯のみになるなんて思いもしませんでした。
テレグノシスを軽々負かし、弥生賞の追込みを見て皐月賞はこの馬からと
行ったのが懐かしいですね。
しかし種付け頭数集まるんだろうか・・・




SEO対策:競馬
[ 2008/03/05 01:48 ] 競馬結果 | TB(0) | CM(3)

新馬圧勝カジノドライヴの米遠征プラン発表 4月末出発、武豊鞍上で1戦叩いてベルモントS 

武豊カジノドライヴ
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

先週京都の新馬戦を大差勝ちした大物外国産馬カジノドライヴ(牡3、父マインシャフト)の
渡米ローテーションが大筋で決まり、27日に藤沢和雄師(56)が明らかにした。
離日前60日間はインフルエンザが発生していない施設にいなければならないため、
今週中に美浦トレセンから山元トレセンに放牧。その後、輸出検疫可能な施設に移動して
4月末に出国する。

初戦は5月10日ベルモントパークのピーターパンS(G2、ダート1800メートル)。
調整が間に合わなかった場合に備えて5月17日ピムリコの
プリークネスS(G1、ダート1900メートル)
も視野に入れている。1戦使って、ターゲットとなる
米3冠最終戦ベルモントS(G1、ダート2400メートル、6月7日=ベルモントパーク)へ。
兄ジャジルと姉ラグストゥリッチズがベルモントSを連覇中で、
兄弟V3が期待される。

ジョッキーについては「武君に乗ってもらいたい」と、デビュー戦でコンビを組んだ武豊騎手を指名。
帯同馬は同じ山本英俊オーナーのスパークキャンドル(牡3、500万)と
シャンパンスコール(牡3、未勝利)
の2頭が選ばれた。

ソース:nikkansports.com


出切ればもう一戦、国内でして欲しかったですね
武豊騎手、忙しいですねw




SEO対策:競馬
[ 2008/03/01 12:45 ] 騎手 | TB(1) | CM(3)

ドバイ・デューティフリーに出走するウオッカ(牝4歳)、鞍上は武豊に決定! 

武豊またも四位から乗り代わり
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

ドバイ・デューティフリー・G1(3月29日、ナドアルシバ競馬場・芝1777メートル)で
海外初挑戦Vを目指す昨年のダービー馬ウオッカ(牝4歳、栗東・角居厩舎)は、
武豊騎手(38)=栗東・フリー=と新コンビを組むことが28日、スポーツ報知の取材で
明らかになった。

ヴァーミリアンで同日のドバイ・ワールドCに挑む武豊に、もうひとつ大きな仕事が託された。
昨年はアドマイヤムーンでドバイ・デューティフリーを勝っており、ユタカ自身にとっては連覇が
かかることになる。

ウオッカはこれまで、デビュー戦(鮫島克)を除く12戦を四位とのコンビで戦ってきた。
今回は世界のトップマイラー、中距離馬が集結するビッグレース。
そこで勝利を飾った実績と多くの海外騎乗経験が考慮され、武豊に白羽の矢が立った。

この日、角居調教師は本紙の取材に、「明日(29日)発表します」とだけ答えたが、
新コンビ結成はすでに谷水雄三オーナーに伝え、了承を得ている。

昨年は牡馬を圧倒して、64年ぶりに牝馬の日本ダービー馬に輝いたタニノギムレット産駒。
休み明け初戦の京都記念は6着に終わったものの、叩き2走目となるドバイでは本来の走りが
期待される。

すでに25日に輸出検疫が行われる京都競馬場に移動。
この日は出発予定日の3月17日まで調教を行うことになる
各施設のスクーリング(下見)を行うなど、準備に怠りはない。

武はウオッカの父タニノギムレットで02年のダービーを制覇しており、
その背中を知っているのは強みだ。
JRAの第一人者と、歴史的な名牝が新たにコンビを組んで乗り込むドバイ。
世界的に注目される存在になることは間違いない。


タニノギムレット事件再びって感じでまた四位騎手から武騎手への変更ですか。。
ヴァーミリアンにも騎乗でウォッカにも騎乗で大変ですね。
これ京都記念勝ってたらどうなってたんでしょうね。
ちなみにアドマイヤオーラも同じレースに出そうですね、楽しみっす




SEO対策:競馬
[ 2008/03/01 04:44 ] 騎手 | TB(0) | CM(3)
プロフィール

スーパーストロング馬券


名前 スーパーストロング馬券
どうも競馬歴15年程度の中堅競馬予想人です
買い方は馬連か馬単です
金が無くなって来たら複勝とワイドになります
相互リンク募集中です

FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
ぺーじらんく
タグ

  • seo
なかのひと
タグ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

パソコン修理ならお直し隊にお任せ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。