馬券の品格

競馬予想、騎手,調教師全般の面白情報を お伝えします,youtube(ユーチューブ)などの動画も 紹介しています よかったら見てね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SEO対策:競馬
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

元プロ野球選手新庄のもち馬タノシンジョイがデビュー戦を勝利 

ブエナビスタト画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

 元プロ野球選手でタレントの新庄剛志(37)の愛馬タノシンジョイ(牡2)が
25日に船橋競馬場(4R、ダート1000メートル)でデビュー、見事に新馬勝ちを収めた。

 左海誠二騎手を背にしたタノシンジョイは好位につけると
3コーナー過ぎから激しく追われて徐々に進出。直線で逃げた馬との一騎打ちとなり、
最後は振り切って1馬身差をつけてゴールした。勝ちタイムは1分3秒3(良)。

 タノシンジョイは船橋・岡林光浩厩舎所属で
父ダイタクバートラム、母ウイルタイムオン、母の父アスワンという血統で
北海道・別海の野付ライディングファーム生まれ。

http://www.sanspo.com/keiba/news/090925/kba0909251408020-n1.htm



父ダイタクバートラム、渋いw



SEO対策:競馬
スポンサーサイト
[ 2009/09/27 00:22 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

短距離の女王、スリープレスナイトが右前屈腱炎を発症 引退へ 

ブエナビスタト画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

昨年の最優秀短距離馬で、G1のスプリンターズS(10月4日・中山)連覇を目指していた
スリープレスナイト(牝5歳、栗東・橋口)が右前屈腱炎を発症。
このまま引退することが濃厚になった。
26日、橋口師が明らかにした。同馬は秋初戦のセントウルSで2着。
その後は、スプリンターズSを目指して調整されていたが
「脚元がどうもすっきりしなかった。スプリンターズSに使うか使わないか、
ずっと心が揺れていたが、これだけの人気馬ですし、きょう、
馬主さんと相談して(回避を)決めました」
と橋口師は話した。

27日にエコー検査を行う予定。
今後については「個所が個所だけに、おそらく引退になると思う。
本当に素晴らしいスピードを持っていた。繁殖として頑張ってほしい」と労いの言葉をかけた。

デイリースポーツ 2009年9月26日
http://www.daily.co.jp/newsflash/2009/09/26/0002388430.shtml




これで、アルティマトゥーレのダントツ一番人気でしょうか
しかし返す返すも残念です




SEO対策:競馬
[ 2009/09/26 19:15 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

野路菊Sを快勝したリルダヴァル(牡2)が骨折 全治6ヶ月の診断 

ブエナビスタト画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

先週の野路菊Sを快勝したリルダヴァル(牡、栗東・池江郎)に剥離骨折が判明した。
レース後の月曜、右前脚に腫れが見られたため、レントゲン検査を行ったところ
膝の部分に剥離骨折が見つかった。

現在は山元トレセンに移動しており、今後はノーザンファーム早来へ放牧され、
骨片の摘出手術を行う予定となっている。

診断では全治6カ月となっており、順調に回復すればダービーまでには間に合う見込み。
この世代では現在、最も注目されているスター候補だけに早期の回復を願いたい。

UMAJIN(競馬雑誌) 2009年09月23日12時25分

http://uma-jin.net/pog0910/news/news2009092303.html




これは残念



SEO対策:競馬
[ 2009/09/23 23:58 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

“アンミツジュニア”安藤洋一騎手が51戦目で待望の初勝利 父・安藤光彰、叔父・安藤勝己 

ブエナビスタト画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

17日、大井競馬場で行われた5R・C3三 四(ダート1200m)で、
3番人気シャイニングビュー(牝5、大井・月岡健二厩舎)が優勝。

鞍上の安藤洋一騎手(20、大井・栗田裕光厩舎)は、
6月21日のデビューから51戦目で初勝利を挙げた。

安藤洋一(あんどう よういち)騎手は89年6月14日生まれ、岐阜県出身。
JRAの安藤光彰騎手(50、栗東・フリー)は父、
安藤勝己騎手(49、栗東・フリー)は叔父に当たる。

6月1日付で地方競馬騎手免許を取得していた。
http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=39631&category=B



これは楽しみですね



SEO対策:競馬
[ 2009/09/19 17:09 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

横山典弘騎手の父で、元騎手の横山富雄さん(69)が死去 

ブエナビスタト画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

横山典弘騎手、元騎手の横山賀一調教助手の実父で、メジロムサシ、メジロタイヨウで
天皇賞を勝つなど騎手として活躍された横山富雄さんが、
今日18日午前1時10分、病気のため亡くなった。69歳だった。
 
通夜は21日(月)18時から、告別式は22日(火)12時から、
ともに美浦トレーニングセンター厚生会館分館2階で。
喪主は長男の横山賀一さん。

横山富雄さんは1940年2月25日生まれ。北海道出身。
1955年(昭和30年)に騎手見習いとなり、1961年3月5日に
東京競馬場第2競走で初騎乗(マサミノル=9着)。
初勝利は2戦目の3月11日東京競馬場第11競走でウシワカに
騎乗してのもの。

その後1980年代前半まで騎手として活躍。
通算成績は4192戦559勝(うち障害戦で417戦120勝)。
フジノオーで中山大障害を4勝。メジロタイヨウ、メジロムサシで天皇賞を制覇。
ニットウチドリで桜花賞とビクトリアC、
ファイブホープでオークスを勝つなど重賞競走を30勝している。
1975年にはツキサムホマレとのコンビでアメリカに
遠征しワシントンCDインターナショナル競走に挑戦した。
 
(日本騎手クラブ、JRA発表資料などを参考にした)
ラジオNIKKEI 2009年9月18日15時08分
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/news/entry-173317.html



ご冥福をお祈りします。



SEO対策:競馬
[ 2009/09/19 08:09 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

秋の主役か!?ヒカルオオゾラ超ど級の調教 

ブエナビスタト画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

悲願の重賞制覇を狙うヒカルオオゾラが、栗東Cウッドで完ぺきな動きを見せた。
僚馬2頭を前に見る形で スタート。道中の折り合い良く、直線では最内へ。
ゆったり走っているようでも時計は速く、5ハロン65秒1、 しまい11秒4。
中クロチェーラ(古馬500万)外ドリームローズ(同)にそれぞれ2馬身先着した。

手綱を取った武豊騎手の言葉も弾む。「いい動き。抜群だった。調教だけで言えば、
本気を出せばウオッカかこの馬かというくらい動く。
重賞2着3回は取りこぼした印象が強いし、マイルCSに出さなきゃいけない馬だと思う」
と、わずかに届いていないタイトルを、今度こそつかみ取る構えだ。

ソース http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20090910-541803.html

でました、強気発言ww、昔は買いでしたが・・・さて?



SEO対策:競馬
[ 2009/09/10 23:15 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

ウッドワードS(米G1) 3歳牝馬レイチェルアレクサンドラ、4F46.41秒のハイペースを逃げ切り古馬も撃破 

ブエナビスタト画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

現地時間5日、米・サラトガ競馬場で行われたウッドワードS(3歳上、
米G1・ダート9f、8頭立て)は、C.ボレル騎手 騎乗の
1番人気レイチェルアレクサンドラ Rachel Alexandra(牝3、米・S.アスムッセン厩舎)が、
ハナを切って2F22.85秒、4F46.41秒のハイペースを作り出し、
マッチョアゲイン Macho Againの猛追を頭差振り切って優勝
した。勝ちタイムは1分48秒29(良)。さらに1馬身1/2差の3着にブルズベイ Bullsbayが入った。

勝ったレイチェルアレクサンドラは、父Medaglia d'Oro、母Lotta Kim(その父Roar)という
血統の米国産馬。昨年5月にデビューし、2戦目で初勝利。
11月のゴールデンロッドS(米G2)で重賞初制覇を果たすと、フェアグラウンズオークス(米G2)、
ファンタジーS(米G2)も制し、ケンタッキーオークス(米G1)はレース史上最大着差となる
20.1/4馬身差をつけて圧勝。プリークネスS(米G1)では牝馬として85年ぶり5頭目となる
同レース制覇の快挙を達成した。前走のハスケル招待H(米G1)も6馬身差で制し、
この勝利でG1・5勝を含む9連勝となった。
通算成績14戦11勝(重賞8勝)。





さすがにギリギリ、これはハイペース過ぎたかな?



SEO対策:競馬
[ 2009/09/06 11:57 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

NZで120勝、笹田調教師の次男・知宏さん(23)がJRA騎手再挑戦 

ブエナビスタト画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

笹田師の次男・知宏さん(23)は現在ニュージーランドで騎手として活躍、
デビュー以来3年で120勝を挙げている。
02年に1度はJRA競馬学校(騎手課程)に入学したものの減量苦で挫折。
退学後に単身、海外修行。
牧場勤めからスタートして騎手の道を歩むようになった。

8月26日に帰国した最大の理由は、もともとの夢であったJRAの騎手を再び志すため。
10月下旬に行われる騎手試験は特典をもたない地方競馬の騎手が受験するのと同じ
扱いで実技、学科、面接が項目。とりわけ学科が難題となりそうだ。

「自分のせいで(学校を)辞めたのが悔しいんですよ。一度はあきらめた夢だけど、
ニュージーランドで経験したことを踏まえ、あらためてチャレンジしてみます」。
現地ではトミーの愛称で慕われる好青年。菱田は夢の実現を 願っていた。

ソース
http://www.sponichi.co.jp/gamble/flash/KFullFlash20090903010.html



ほぅ、伊藤雄二先生のお孫さんなんですね



SEO対策:競馬
[ 2009/09/06 00:10 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

ジョリーズシンジュ(牝4)がエリザベス女王杯参戦へ…シンガポールの4歳3冠馬、高岡秀行厩舎所属 

ブエナビスタト画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

シンガポール競馬・高岡秀行厩舎所属のジョリーズシンジュ(牝4)が11月15日に開催
されるJRAのエリザベス女王杯(京都競馬場、国際GI・芝2200m)に参戦する意向である
ことが明らかになった。

現在、成田空港→競馬学校国際厩舎(千葉県白井市)→レースが行われる京都競馬場
と予定される移動過程において検疫がスムーズに進むかの調査を開始しているとのこと。
ジョリーズシンジュは来月行われるオーストラリアのコックスプレート(ムーニーバレー
競馬場、国際GI・芝2040m)参戦後に、エリザベス女王杯参戦、その後は12月の香港
国際諸競走(香港ヴァーズ、香港カップなど)のいずれかへ、というローテーションを予定
している。

ジョリーズシンジュは父ジョリーズヘイロー・母インディアリングクオリティという血統で
日高・丸幸小林牧場の生産。06年のHBAトレーニングセールで高岡師の目に留まり、
シンガポール競馬でデビュー。シンガポールダービーなど現地4歳クラシック路線で
牡馬を相手に3冠制覇を成し遂げた実力牝馬だ。02年より現地で開業している高岡師
(01年まではホッカイドウ競馬で調教師)だが、日本競馬への里帰り参戦となれば
これが初のケース。夢の実現へ一歩踏み出したかたちになる。


http://uma-jin.net/news/news2009090215.html

これは楽しみ



SEO対策:競馬
[ 2009/09/05 13:22 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(1)
プロフィール

スーパーストロング馬券


名前 スーパーストロング馬券
どうも競馬歴15年程度の中堅競馬予想人です
買い方は馬連か馬単です
金が無くなって来たら複勝とワイドになります
相互リンク募集中です

FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
ぺーじらんく
タグ

  • seo
なかのひと
タグ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

パソコン修理ならお直し隊にお任せ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。