馬券の品格

競馬予想、騎手,調教師全般の面白情報を お伝えします,youtube(ユーチューブ)などの動画も 紹介しています よかったら見てね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SEO対策:競馬
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

岩田康誠騎手、骨折および肺挫傷で全11鞍乗り替わり 18日の中山10Rでの落馬が原因か 

大坪元雄画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 


岩田康誠騎手(36)=栗東・フリー=は負傷のため、25日に京都競馬で騎乗予定だった
全11鞍が乗り替わりとなった。

岩田康騎手は24日の京都1R騎乗後、左脇腹に若干の違和感を持ったが、
騎乗に支障がなかったため、 その後は騎乗を続けた。
しかし、12R騎乗終了後に痛みが強くなったため、京都市内の病院で検査をした結果、
「左第9肋骨骨折」「両側肺挫傷」と診断された。

岩田康騎手は先週18日の中山10Rで落馬。その際に受傷したものとみられる。
なお、本人は現在のところ、 来週の競馬に騎乗する意向を持っている。




これは本当にすごい、役目が終わってから痛みを感じてきたんでしょうね
必死さが伝わってきます



SEO対策:競馬
スポンサーサイト
[ 2010/04/25 13:13 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

日本軽種馬登録協会を事業仕分けするのは“ぶってぶって姫”民主・姫井由美子参院議員 

大坪元雄画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 


●今度は役人を思い切り…
絶妙の人事というか、何というか……。
事業仕分け第2弾の調査員となった、民主党の姫井由美子参院議員(51)。
彼女が担当する公益法人が、政界の話題だ。

農水省所管の8つの公益法人を仕分けすることになったのだが、
その中に財団法人「日本軽種馬登録協会」が含まれていた。
競馬用の馬を登録したり、血統書を発行したり、種馬の登録をする天下り法人である。


姫井といえば、07年の当選早々に不倫スキャンダルを週刊誌にスッパ抜かれ、
この時に不倫相手が暴露した性癖から、「ぶってぶって姫」とアダ名されたものだ。
そのため、政界からは「よりによって、ぶってぶって姫が、種馬の団体を担当するとは」と、
ミョーに感心する声が聞こえてくる。

「仕分けの対象となった農水省関連の公益法人は90ありました。
希望する調査員は12人。法人のリストの上から機械的に7、8法人ずつ割り振ったところ、
たまたま、姫井さんが種馬協会の担当になったのです。
選ばれた時は皆、顔を合わせて、バツが悪そうにしていましたよ。
姫井さんのスキャンダルを知らない議員はいませんからね」(民主党関係者)

今度は自分ではなく、天下り役人を思いっきり「ぶって」欲しい。
http://news.livedoor.com/article/detail/4729067/




競馬は1着でないと駄目ですから2着じゃだめなんでしょうかとは蓮舫さんのようにいえませんね




SEO対策:競馬
[ 2010/04/23 00:14 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

武豊騎手 代役”岩田の好騎乗に「見事!」の一言 

大坪元雄画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

【皐月賞】武豊“代役”岩田の好騎乗に「見事!」

3月27日の落馬、骨折で戦線離脱中の武豊は皐月賞を自宅でテレビ観戦した。
ヴィクトワールピサの勝利を見届けると「岩田君は大胆に最内を突いたよね。見事!
大したもの。よくあのコースが空いたもんだ」と好騎乗を称賛。
そして「もし勝てなかったらケガをした僕まで責任を感じるところだった。
オーナーの市川さんは初めてのG1勝利。オーナー、調教師、ジョッキー、
厩舎の皆さんにもおめでとうと言いたい心境です」と素直に喜んだ。

前日はリーチザクラウンがG2マイラーズC、そしてヴィクトワールピサが
G1皐月賞と本来なら自分が乗るはずだった馬が2日続けて勝ったが
「リーチは芝マイルの条件を待っていたし、ヴィクトワールは1馬身以上は突き
抜けて勝つかもと思っていた。今春は有力馬がそろっていたからね。
でも(落馬負傷は)仕方ない。それより2頭とも勝って良かった」と
嘆きは胸にしまいこんで祝福した。

ソース http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2010/04/19/03.html


うーむ、岩田騎手は泣いてましたが、武豊騎手の日記に3冠とれるとか書かれてたから、かなり
プレッシャーだったんでしょうね




SEO対策:競馬
[ 2010/04/22 10:10 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

皐月賞を制したヴィクトワールピサ、日本ダービーは武豊騎手と再コンビ 

大坪元雄画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

クラシック3冠の第1関門「第70回皐月賞・GI」(芝2000m)は18日、中山11Rに
18頭で争われ、1番人気のヴィクトワールピサが、直線で最内から力強く
抜け出し、5連勝で1冠目を制した。2着は大外から伸びた6番人気の
ヒルノダムール、3着には11番人気のエイシンフラッシュが入った。なお、
2番人気のローズキングダムは4着、3番人気のアリゼオは5着に敗れた。

ポッカリと開いた1頭分のスペース。鞍上の岩田はヴィクトリーロードを
見逃さなかった。直線入り口は馬場の真ん中にいたが、瞬時に切り替えて
右斜め前の内ラチ沿いへと突っ込んだ。「1日乗っていて、外の方が水分を
含んでいると感じた。馬のワンチャンスを生かした。能力がないとそこは
行けないコース。冷静にエスコートできたし、最高のレース。すごい
パフォーマンスを見せられた」。岩田は会心の騎乗を誇らしげに語った。

「本当にうれしい。ホッとしました。岩田君も内々を上手に運んで、考えて
乗ってくれました」と角居師も満面の笑み。レースのあと、市川義美オーナー
は「豊くんとは手術の前に電話で話して、ダービーに乗ってもらうことがすでに
決まっている」と主戦の武豊に手綱が戻ることを明言した。岩田も分かって
いる。「重厚感があってウオッカの感覚。東京の2400mでも自然と結果が出る
と思う。豊さんも復帰されて、コンビを組んでダービーを狙ってもらいたい」。
ダービー制覇、そして史上7頭目の3冠へと連勝街道を突き進む。




SEO対策:競馬
[ 2010/04/20 00:10 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

ダービー馬ロジユニヴァース、体調が整わないため天皇賞回避 

大坪元雄画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

昨年のダービー馬で、3月27日の日経賞で10カ月ぶりに復帰して6着だった
ロジユニヴァース(牡4歳、美浦・萩原厩舎)は、5月2日京都の天皇賞
(G1、芝3200m)を目標に調整されていたが、体調が整わないため、
同レースを回避し、放牧に出されることになった。
今後は、6月27日阪神の宝塚記念(G、芝2200m)を目標に調整される。








SEO対策:競馬
[ 2010/04/19 16:18 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

桜花賞に挑む小島太師が豪語「(アプリコットフィズは)ディープインパクトだ!!」「次元が違う」「絶対にスターになれる馬」 

大坪元雄画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

3戦2勝。クイーンCの優勝馬アプリコットフィズを擁し、小島太調教師(62)=美浦=が夢の桜花賞制覇へ
挑む。ディープインパクトのような爆発力を持つ馬…とほれ込む逸材。「最も華のあるホースマン」と呼ばれ
ながら、桜の舞台では、騎手としても調教師としても2着が最高なだけに、思いは募る。

―デビューから3戦2勝。主役として桜花賞に臨みます。
「4戦目で桜花賞というのは、予定通り。クラシックは激しい戦いになるので、
3戦目では心もとない。また、5戦目になると、次のオークスを考えた場合、多すぎる。
キャリアとして、ちょうどいいと思う」

―まさに、青写真通りということですね。
「ただ、自分の頭の中に“負け”という文字はなかった。
フェアリーS(2着)は大逃げする馬がいて、展開的には
難しかったけれど、早く動きすぎた感じがあったから…」

―クイーンCは、2番手追走から、抜群の瞬発力で2馬身差の快勝。
うっぷんを晴らすようなレースでした。
「実は、もう少し後ろからのレースをイメージしていたんだが、
それでいて、35秒1の上がりで伸びたのだから
素晴らしい。ゴールした瞬間、『これは、ディープだ!!』って思った。次元が違う」

―この馬の最大の魅力は、やはり切れ味ですか?
「そう。追ってからの爆発力だね。小さい馬(クイーンC時430キロ)だけど、
手脚が長くて体重以上に大きく見せる。そして、レースでは夢中になって走っていない。
だから、最後にあれだけの脚を使うことができる」

―小島調教師が育てたマンハッタンカフェのめい。血統的な思い入れも深いと思いますが、
素質の良さを感じたのは、いつ頃ですか。
「昨年9月、北海道千歳の社台ファームから、宮城の山元トレセンに移った
初日に見たんだが、とにかく、いいバネをしていた。そして、トレセンの坂路を、
ぶれることなく一気に駆け上がった。バリバリのオープン馬でも
簡単にできないことを、やってのけるんだから…」

―不安を挙げるとすれば、カイバ食いが細い点でしょうか。
「確かに、カイバ食いはよくない。ただ、切れる脚を使う牝馬は、
得てして食べないもの。クイーンCのあとの
回復は、これまでより早かったし、それほど気にしてはいないよ」

―クイーンCから中6週での競馬。このレースを勝って本番に直行した馬は、
過去10年で1頭も連対していないという、ジンクスもありますが…
「フェアリーSを勝っていれば、どこかのトライアルという選択肢も
あったかもしれない。とはいえ、過去のデータは深く考えていないし、
馬場のいい東京で気持ち良く勝てたのだから、最後のステップとして十分だと
思っている」

―マンハッタンカフェは、栗東に滞在して01年菊花賞、02年天皇賞・春を勝ちました。
アプリコットフィズも、入厩するプランはなかったのですか。
「この馬の場合、カイバは食べないんだが、輸送しても前日と体重が変わらない。
だから、栗東に行って、時間をかけて環境に慣らす手間というのは、
あまり意味を持たない。土曜日に直前輸送して、できるだけ向こうにいる
時間を短くするのがベストと判断したんだ」

―桜花賞で頭に浮かぶのは、騎手時代の74年。1番人気のサクライワイで臨みました。
「“惚れてた”という表現がぴったりくる、素晴らしい馬だった。
ものすごいスピードがあったけれど、レースではうまく折り合いがつき、
3番手で進めることができた。手応えは十分だったので、
4コーナーでも動かずにいたんだが、結果的には、それが失敗。
自分がひと呼吸待った時、インコースから武邦彦さんのタカエノカオリがスッと
伸びていった。ハッと思ってあわてて追ったんだが…」

―結果は、3/4馬身差の2着でした。
「こちらに余裕がありながら、後ろにいた馬に先に抜け出されての敗戦。
どう考えても、自分のミスだった。だから、あの馬に関しては
『申し訳なかった』という思いが今も残っている」

―調教師になってからでは、02年のブルーリッジリバーの2着(優勝馬アローキャリー)が
思い出されます。
「3コーナー過ぎまでは完ぺきだった。ところが、
外に出した時に最も馬場状態の悪いところを通ることになり、
一瞬つまずいてリズムを狂わせた。やっぱり桜とは縁がないのか…。
そんな切なさが残るレースだったね」

―桜花賞初騎乗だったサクライワイから36年。夢のタイトルは、
すぐ手の届くところにあります。
「華やかな空気に包まれたレースで、勝ちたいという気持ちは強い。
アプリコットフィズは、絶対にスターになれる馬だし、
ファンの皆さんにも注目してもらえたら、と思っている」

厩舎を開業し、先週までに339勝をマーク。G1は5勝。
騎手としても調教師としても、なぜか牝馬のビッグレースとは縁遠く、
G1を勝ったのは、ジョッキーを引退する前年の95年エリザベス女王杯(サクラキャンドル)
のみ。JRAの発表では、誕生日が4月11日となっているが、
騎手養成所に入る際の手続きにミスがあったもので、実際は21日。


誕生日のミスは何かのサインでしょうか?ww





SEO対策:競馬
[ 2010/04/08 12:33 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

『マチカネ』冠名の馬主・細川益男氏、肺炎のため85歳で死去 

マチカネ画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

細川益男氏死去 ホソカワミクロン会長

 細川 益男氏(ほそかわ・ますお=ホソカワミクロン会長、元社長)
3月31日午後7時20分、肺炎のため大阪市内の病院で死去、85歳。
大阪府出身。近親者で密葬を営んだ。喪主は長男悦男(よしお)氏。
ホソカワミクロンが5月中旬、お別れの会を開く予定。

 京大卒。武田薬品工業を経て51年、細川鉄工所(現ホソカワミクロン)
入社。父の故永一氏を継ぎ61~95年と03~08年に社長を務め、
同社を粉体関連装置で業界トップに育てた。

 75年紫綬褒章、95年勲四等旭日小綬章。競走馬オーナーでも知られ、
菊花賞馬マチカネフクキタルなどを所有していた。



マチカネワニホンバレには頑張ってもらいたいですね




SEO対策:競馬
[ 2010/04/08 09:43 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
プロフィール

スーパーストロング馬券


名前 スーパーストロング馬券
どうも競馬歴15年程度の中堅競馬予想人です
買い方は馬連か馬単です
金が無くなって来たら複勝とワイドになります
相互リンク募集中です

FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
ぺーじらんく
タグ

  • seo
なかのひと
タグ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

パソコン修理ならお直し隊にお任せ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。