馬券の品格

競馬予想、騎手,調教師全般の面白情報を お伝えします,youtube(ユーチューブ)などの動画も 紹介しています よかったら見てね

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SEO対策:競馬
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

これは大ニュース!!屈腱炎予防の蹄鉄を発明!! 

ヨシトミ画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 


馬の脚の炎症で、競走馬寿命を縮める「不治の病」として関係者を悩ませてきた
「屈腱炎(くっけんえん)」の予防効果が見込める蹄(てい)鉄をこのほど、
滋賀県栗東市の装蹄師(そうていし)が発明した。7月に特許を取得し、実用化を目指している。

発明したのは、馬のひづめに蹄鉄を付ける装蹄師の山口勝之さん(74)=同市高野。
新しい蹄鉄は、ひづめに接する面が内側がくぼんだ形で、自然に近い状態にひづめを保ち、
脚の負担を軽減するのが特徴という。

■不治の病、ナリタブライアンも引退

山口さんは、同市のJRA(日本中央競馬会)栗東トレーニングセンターなどで19歳から働いてきた。
1996年、装蹄を担当した三冠馬「ナリタブライアン」が、屈腱炎が原因で引退に追い込まれた
のをきっかけに屈腱炎の予防法を探してきた。「治療のすべがなく悔しかった。何としても
予防法を見つけたかった」という。

2003年に専門誌で、蹄鉄を付けない馬が山道のレースで好成績を収めた記事を読み、
自然に近い状態にひづめを保つ蹄鉄の開発を思いついた。

山口さんによると、野生馬のひづめは外壁が削れ、突起している。
通常の蹄鉄は、ひづめの底を平らに削って付けるが、この方法ではひづめが
不自然に削られて脚に負担がかかる。

山口さんは、自然に近い形に削り直し、それに合わせた蹄鉄を付けることが、
負担を軽減して屈腱炎の予防につながると推測。蹄鉄とひづめの合わせ方を
試行錯誤しながら、開発にこぎつけた。新しい蹄鉄を装着し、
屈腱炎が治った馬もいるという。

山口さんは「念願の予防法を見つけた。実用化には時間がかかるかも知れないが、
新しい蹄鉄が屈腱炎を
減らす一助になればうれしい」と話している。

ソース
http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20100817000030






これは素晴らしいニュースですね。期待が高まります。






SEO対策:競馬
スポンサーサイト
[ 2010/08/19 09:26 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

いざ凱旋門賞へ!ナカヤマフェスタがフランスに向け出国 フォワ賞→凱旋門賞の予定 

ヨシトミ画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 


10月3日の凱旋門賞(仏G1、芝2400メートル=ロンシャン)へ挑む
ナカヤマフェスタ (牡4、二ノ宮)が9日午後1時48分、成田空港からKL862便で
帯同馬ナカヤマスウェプト(牡4)
とともに出国した。宝塚記念終了後は、この遠征に向けて周到な準備を行ってきた。
エルコンドルパサーで2着した11年前の経験を生かして、再び世界を驚かせる。

エルコンドルパサーの遺産を生かすときが来た。99年に半年間のフランス遠征を経験、
凱旋門賞2着を含め4戦を戦い抜いた佐々木幸二助手は「向こうに行ってから馬が
どうなるか という心配はあるけれど、エルコンの時もそうでしたから。だけど今度は、
どんな馬場でどんな調教ができるか分かっている。大丈夫ですよ」と胸を張った。
それもそのはず。 ナカヤマフェスタを中心とする「チーム すみれの花」には、
11年前の経験がある。

凱旋門賞挑戦が正式発表された直後の7月6日、佐々木助手は自宅から数本の
ビデオテープを 引っ張り出した。そこには出国の飛行機内での様子、
広大なシャンティの調教場の風景、 そして競馬場の馬房などがつぶさに撮影されている。
これを「懐かしいなあ」と笑いながら眺め、
初遠征となる堀内岳志助手と詳細な話し合いを行った。

シャンティにはポリトラックや坂路といった特別な施設がなく、
木々が立ち並ぶ大自然のなかで 調教を行う。佐々木助手が
「輸送よりも現地に着いてからが勝負」と強調するように、
普段と異なる環境でいかにコンディションを整えるかが重要だ。
特に、ナカヤマフェスタは 気分が乗らないと馬場で止まってしまうこともあった。
それだけに現地での過ごし方が鍵だが
「11年前に培ったノウハウがあるからね」と同助手の言葉は力強い。
堀内助手も 「映像を見ると、トレセンよりもストレスが少なそう。
馬は意外と落ちついて過ごせるんじゃないかな」
と、明るい見通しを立てている。




ソース:nikkansports.com http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20100810-664119.html

美浦のモデル厩舎頑張ってますね、凱旋門を制覇するようなら、厩舎改革はますます進むかもしれません。






SEO対策:競馬
[ 2010/08/14 13:04 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)

藤沢ローテ再び!!ペルーサは毎日王冠から天皇賞へ 

ヨシトミ画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

ダービー6着後に休養中のペルーサ(牡3=藤沢和)は、菊花賞路線には向かわず
古馬G1路線を歩むことになった。今月末に札幌に入厩して、秋初戦の毎日王冠
(10月10日、東京)に向けて調整。その後は天皇賞・秋(10月31日、東京)を目標にする。

藤沢和師は「菊花賞には出走しない。2000~2400メートルのレースを選択する」と
2戦の結果次第ではジャパンC(11月28日、東京)も視野に入れている。
また、左前浅屈腱炎で長期離脱中のカジノドライヴ(牡5)は、9月中にも帰厩。
秋のダート重賞戦線での復帰が濃厚となった。

ソース:スポニチannex
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2010/08/11/03.html





バブルガムフェロー、シンボリクリスエス、
キングストレイル、などなどがいますね。

なんだかんだ非難を浴びますが、こうやって見ると、結果を残してますね。





SEO対策:競馬
[ 2010/08/12 09:27 ] 藤沢和雄 | TB(0) | CM(0)

武豊騎手、133日ぶり久々の勝利! 

ヨシトミ画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

7日、小倉競馬場で行われた12R・3歳上500万下(ダート1700m)で、
1番人気のダノンエリモトップ(牡4、栗東・森秀行厩舎)が優勝。
騎乗していた武豊騎手(41、栗東・フリー)は、3月27日の鳴門S(1600万下)を
制して以来133日ぶりとなる勝利を挙げた。

武豊騎手は3月27日の毎日杯(GIII)での落馬負傷により戦列を離れ、
1日の小倉競馬で復帰。同日は2鞍に騎乗したが勝ち星を挙げられず、
今回の勝利が復帰後初勝利となった。7日終了時点での通算成績は16073戦3344勝(重賞263勝)。







入れ替わるように先生が今日怪我してましたね。
やはり怪我と隣り合わせの職業と認識しました。



SEO対策:競馬
[ 2010/08/07 22:39 ] 武豊 | TB(0) | CM(0)

かなりいびつなリーディングサイアーランキング 

ヨシトミ画像
 
他のケイバにゅーすを見る
特選競馬ブログを見る
 

出走馬の父親がすべてサンデー系なんてのをみたことあるでしょうか?

というくらいサンデー系が多いなぁと思ってましたが
実際に数字で見るとうなずけます

20位までに
サンデー系が半分の10頭、広義のヘイロー系ならなんと15頭

ちなみに5年前はどうかというと
サンデー系が6頭 ミスプロ系6頭 ノーザンダンサー系5頭
とまだ拮抗してました


さらに10年前
なんとサンデー系2頭、ノーザン系7頭、ミスプロ5頭
とノーザンダンサー系統のが多かったですね。(あまりイメージありませんでしたが)


さらにサンデーが初リーディングの15年前
ノーザンダンサー系が5頭、別系統が色いろと多様な社会でした


20年前は
ノーザンダンサー系が11頭の独占状態でした

つまりサンデー系が広がるとともにノーザンダンサー系が姿を消したわけですね
もっとも出走頭数が20年前とはかなり違うようで
1位のノーザンテーストですら出走頭数が131頭
去年のマンハッタンカフェは261頭と約2倍が出走してます

現在はサンデー系の独占状態ですが、もしエンドスィープやエルコンドルパサーが生きてればと
考えると、5年後はまたガラリと変わってるかもしれませんね。



SEO対策:競馬
[ 2010/08/01 12:23 ] 競馬ニュース | TB(0) | CM(0)
プロフィール

スーパーストロング馬券


名前 スーパーストロング馬券
どうも競馬歴15年程度の中堅競馬予想人です
買い方は馬連か馬単です
金が無くなって来たら複勝とワイドになります
相互リンク募集中です

FC2カウンター
FC2ブログランキング
FC2ブログジャンキー
ぺーじらんく
タグ

  • seo
なかのひと
タグ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

パソコン修理ならお直し隊にお任せ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。